ボクシング、9月8日新会長選出 不正疑惑の連盟

 全日本アンダージュニア王座決定戦の開会式に出席した日本ボクシング連盟の森正耕太郎会長代行(奥左)=18日午後、大阪市

 日本ボクシング連盟の吉森照夫専務理事は18日、助成金流用や過去の暴力団組長との交友などで辞任した山根明会長の後任を、9月8日の臨時総会後の理事会で決めることを明らかにした。現在の理事は全員が辞任し、刷新された理事会のメンバーの中から新会長を選任する。

 日本オリンピック委員会(JOC)などが不正疑惑の調査のために設置を求めた第三者委員会の人選などは、今月20日に日本連盟の公式ホームページで公表する。

 この日は山根前会長辞任後の最初の公式行事となる全日本アンダージュニア王座決定戦が大阪市のエディオンアリーナ大阪で開催された。

共同通信社 2018年8月18日 無断転載禁止