ボルダリング野中が初の総合優勝 21歳、W杯最終戦

 W杯ボルダリング女子総合優勝し、表彰式で笑顔を見せる野中生萌(中央)と同2位の野口啓代(左)。右は同3位のファニー・ジベール=ミュンヘン(共同)

 【ミュンヘン共同】スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)ボルダリング最終戦となる第7戦は18日、ミュンヘンで準決勝と決勝が行われ、女子は2位に入った21歳の野中生萌(TEAM au)が初の年間総合優勝に輝いた。

 6人による決勝では野中、3位の野口啓代(TEAM au)ともに四つの課題(コース)全てをクリアしたが、優勝したヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)が完登に要したトライ数が最も少なかった。野口は年間総合で2位。

 男子は決勝で緒方良行(神奈川大)が4位、藤脇祐二(福井県連盟)が5位。グレゴル・ベゾニク(スロベニア)が優勝した。

共同通信社 2018年8月19日 無断転載禁止