代表8チーム全力プレー 島根県学童野球が開幕 松江

開会式で力強く選手宣誓する社日ドジョーズの佐伯玲主将=松江市上乃木10丁目、市営野球場
 JAカップ第35回島根県学童軟式野球選手権大会(県軟式野球連盟、山陰中央新報社主催、JAしまね、JA共済連島根特別協賛)が18日、松江市上乃木10丁目の市営野球場で開幕した。地区代表8チームが出場し、初日は1回戦4試合が行われ、国府、大田、大東、出雲北が4強に進んだ。

 試合に先立ち開会式があり、山陰中央新報社の鷲見隆常務が「日ごろの練習の成果を発揮し元気いっぱいにプレーしてほしい」とあいさつ。県軟式野球連盟の森脇勇人副会長が「野球は1人ではできない。チームメートを思いやり、楽しんでほしい」と激励した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月19日 無断転載禁止