大リーグ、大谷が13号3ラン 平野はサヨナラ打許す

 レンジャーズ戦の7回、代打で中越えに3ランを放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同) パドレス戦の9回、ビヤヌエバ(左)にサヨナラ打を許したダイヤモンドバックス・平野=サンディエゴ(共同)

 【アーリントン共同】米大リーグは18日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアーリントンでのレンジャーズ戦で7―6の七回1死一、二塁から代打で出場し、中堅に13号3ランを放った。

 本塁打は7日以来で、代打では今季2本目。守備には就かず、チームは11―7で勝った。

 ダイヤモンドバックスの平野はパドレス戦で6―6の九回2死二塁から6番手で登板し、敬遠四球後にサヨナラの適時打を許した。自身に勝敗は付かず、チームは6―7で敗れ、3連勝で止まった。

共同通信社 2018年8月19日 無断転載禁止