シニアゴルフ、マークセンがV 最終日、原は73位

 男子ゴルフのシニアツアー、ファンケル・クラシックは19日、静岡県の裾野CC(7009ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、4位で出たプラヤド・マークセン(タイ)が65と伸ばし、通算13アンダーで並んだグレゴリー・マイヤー(米国)とのプレーオフを制して優勝した。

 レギュラーツアーで賞金王2度の伊沢利光が、フランキー・ミノザ(フィリピン)と並んで3打差の3位。主催者推薦を受けてアマチュアとして出場したプロ野球巨人前監督、原辰徳はイーブンで回り、通算20オーバーで74人中73位だった。

共同通信社 2018年8月19日 無断転載禁止