阪神2軍選手が避難所訪問 岡山・真備、被災者と交流

 岡山県倉敷市真備町地区の避難所を訪れ、子どもたちにサインをするプロ野球阪神の藤浪晋太郎投手=20日午後

 プロ野球阪神の2軍選手ら35人が20日、西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市真備町地区の避難所3カ所を訪れ、被災住民らと交流した。小学生らは「来てくれてうれしい」と笑顔を見せた。

 現在も約120人が避難生活を送る市立二万小には、選手らが午後4時半ごろ到着。藤浪晋太郎投手らがサインを書いたり、子どもらとバッティング練習したりした。

 真備町地区の別の小学校に通う6年佐貫翔次君(11)は「同じ野球チームの仲間の道具が水に流されて、野球ができない状態だった。プロの選手とバッティングができて楽しかった」と話した。

共同通信社 2018年8月20日 無断転載禁止