全日本中学生ホッケー 横田男子11年ぶり頂点

11年ぶり4度目の優勝を果たし、両手を挙げて喜ぶ横田の選手=島根県奥出雲町三成、三成公園ホッケー場
 第48回全日本中学生ホッケー選手権最終日が20日、島根県奥出雲町三成の三成公園ホッケー場であり、男子の横田が決勝で合同チームの篠山・丹南(兵庫)を2-1で下し、11年ぶり4度目の頂点に立った。

 横田は準決勝で川西(山形)をシュートアウト戦の末に下した。決勝は前半12分、宮中璃玖のゴールで先制。同点に追いつかれて迎えた後半12分、宮中が決勝ゴールを決めた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月21日 無断転載禁止