秋田「夢をありがとう」 健闘たたえる声相次ぐ

 秋田市内で行われたパブリックビューイングで、金足農の試合を見守る市民ら=21日午後

 「夢をありがとう」「よく頑張った」。秋田市内では、夏の甲子園決勝で東北勢として悲願の初優勝に一歩及ばなかった金足農ナインの健闘をたたえる声が相次いだ。

 市中心部の商業施設で行われたパブリックビューイングには約1600人が参加。秋田市の保育士畠山香織さん(29)は「選手たちは秋田の誇り。『おめたちよぐ(あなたたちはよく)頑張った』と伝えたい」と声を詰まらせた。

 秋田市の無職安倍ハツ子さん(79)は「残念な結果だが、金足農の活躍は、優勝の夢を見させてくれた。ここまで(秋田県勢として103年ぶりの決勝に)勝ち進んだことが素晴らしい」とねぎらった。

共同通信社 2018年8月21日 無断転載禁止