大阪桐蔭の根尾選手「実感ない」 2度目の春夏Vから一夜明け

 第100回全国高校野球選手権大会の優勝から一夜明け、優勝旗の前でポーズをとる根尾昂選手(右)と藤原恭大選手=22日午前、大阪市

 第100回全国高校野球選手権大会で、史上初となる2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭の選手たちが優勝から一夜明けた22日、大阪市内で取材に応じ、投打で活躍した根尾昂選手は「まだ実感が湧かない。時間がたって、実感できると思う」と率直な心境を口にした。

 9月に宮崎県で行われるU18(18歳以下)アジア選手権の高校日本代表には、根尾選手や主将の中川卓也選手、藤原恭大選手ら最多の5人が選ばれた。昨年のワールドカップに続く代表選出となった藤原選手は「優勝に貢献したい」と意気込んだ。

共同通信社 2018年8月22日 無断転載禁止