首相、26日に総裁選出馬表明へ 訪問先の鹿児島で決意示すか

 安倍晋三首相

 安倍晋三首相(自民党総裁)は26日に党総裁選(9月7日告示、同20日投開票)への立候補を表明する方向で調整に入った。訪問先の鹿児島県の党関連会合で連続3選を目指す決意を示す案を検討している。党幹部が22日、明らかにした。総裁選は既に出馬表明した石破茂元幹事長との一騎打ちとなる見込み。鹿児島からの発信で地方重視の姿勢を示し、党員・党友票(地方票)獲得につなげる狙いとみられる。

 首相は農業関連の視察などのために25日に宮崎県を訪れた後、26日に鹿児島県入り。党支部の国政報告会で講演するほか、党県連の懇親会であいさつする予定だ。

 総裁選が選挙戦ならば6年ぶり。

共同通信社 2018年8月22日 無断転載禁止