現職2位の多選町長引退へ 北海道・乙部、9期限り

 2015年4月、8回連続で無投票となった北海道乙部町長選で9選を決め、万歳する現職の寺島光一郎氏(右)

 現職の市町村長のうち当選回数が全国で2番目に多く9期目を務める、北海道乙部町の寺島光一郎町長(74)が、来年4月の任期満了に伴う町長選に出馬しない意向を周囲に示していることが22日、関係者への取材で分かった。今年12月の定例町議会で不出馬を表明する見通し。

 寺島氏は取材に対し「残りの任期を全うするだけ」と明言を避けたものの「年齢を考えると、体力的にも厳しいものがある」と述べた。

 寺島氏は乙部町出身で、北海道大農学部を卒業し、旧農林省に入省。1983年、乙部町長に初当選し、8回連続無投票で9選。山梨県早川町の辻一幸町長(77)の10期目に次ぐという。

共同通信社 2018年8月22日 無断転載禁止