南北離散家族の再会、第1陣終了 離別惜しみ「また会える日まで」

 北朝鮮・金剛山での南北離散家族再会事業で、北朝鮮の家族(右)との別れを惜しみ涙ぐむ韓国の男性=22日(韓国記者団・共同) 北朝鮮・金剛山での南北離散家族再会事業で、親族を見送る北朝鮮側の参加者ら=22日(韓国記者団・共同)

 【ソウル共同】北朝鮮の金剛山で20日始まった南北離散家族の再会事業は22日、韓国側の第1陣参加者が3日間の日程を終え、韓国記者団によると「いつかまた会える日まで元気に暮らそう」と離別を惜しんだ。南北の家族は言葉を失ったまま涙を流し続けたり、韓国側の参加者が乗った帰りのバスの窓越しに見つめ合ったりした。

 朝鮮戦争中に消息不明となった兄と再会した李寿男さん(76)は、「再び会うことができるか…。(今の気持ちは)言葉で表現しがたい」と語った。数え年で99歳となるハン・シンジャさんは、最後の面会後も、北朝鮮で暮らす70代の娘2人の手をつかんで離そうとしなかった。

共同通信社 2018年8月22日 無断転載禁止