Fトーレス得点で鳥栖8強 天皇杯サッカー、C大阪敗退

 鳥栖―神戸 後半、ゴールを決める鳥栖・フェルナンドトーレス=ベアスタ

 サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第5日は22日、佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムなどで4回戦6試合と3回戦の残り1試合が行われ、J1勢対決で鳥栖は元スペイン代表フェルナンドトーレスの来日初ゴールなどで神戸に3―0で快勝し、8強入りした。

 前回覇者のC大阪はJ2甲府に延長の末0―1で敗れ、J2山形とのPK戦に負けたFC東京とともに姿を消した。

 川崎は湘南を3―1で下し、仙台は横浜Mに勝って準々決勝へ。浦和はJ2の東京Vを退けた。広島は名古屋に勝ち、4回戦に進んだ。

共同通信社 2018年8月22日 無断転載禁止