北朝鮮ミサイル発射場の解体停滞 米サイト分析

 【ワシントン共同】米国拠点の北朝鮮分析サイト「38ノース」は22日、北朝鮮北西部東倉里の「西海衛星発射場」の解体作業が停滞しているとの商業衛星写真に基づく分析を発表した。8月3日以来、大きな進展がみられないとしている。

 発射場は大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載される液体燃料式エンジンの開発などに使われてきた。

 7月下旬から8月初旬にかけては、発射台の外壁の大半が取り除かれるなど大きな動きがみられたが、8月16日撮影の衛星写真では、除去された部品は周囲に積み重なったままになっている。

共同通信社 2018年8月23日 無断転載禁止