JR西、北陸新幹線で震災訓練 深夜の線路上、各機関と連携確認

 北陸新幹線が大規模地震に見舞われたとする訓練で、車両から運び出される負傷者=23日未明、金沢市

 JR西日本金沢支社は23日、北陸新幹線が大規模地震に見舞われたとする訓練を実施した。営業運転終了後の深夜から未明にかけて、金沢市の線路上であり、石川県警や金沢市消防局、医師会、同支社などの計約170人が情報伝達や各機関との連携方法を確認した。

 訓練は、石川県加賀地方を震源とする最大震度6強の地震が発生し車両が脱線、乗客50人のうち30人の負傷者が出たと想定。消防がけが人を搬送後、乗務員らが乗客を線路上に誘導し、乗客は約11メートルの高架から非常用通路で地上に下りた。

共同通信社 2018年8月23日 無断転載禁止