都市交流事業プレゼン 資源生かす方策アピール 邑南の3地区

審査員の質問に答える地区の発表者(右端)
 島根県邑南町内の住民団体が都市交流を目的にした事業計画を発表するプレゼンテーションが22日、同町矢上の町役場であった。町内にある3地区が地域資源を生かし、人を呼び込む方策をアピール。減り続ける人口に負けず、地域を活性化するアイデアを披露した。

 同町は2016年度から、公民館単位で人口減少に歯止めをかけるための地区別戦略を実施。戦略では都市住民と交流する拠点整備事業があり、優れた提案をした地区に上限500万円の補助金が出る。16、17年度に各2地区の提案が採用され、これまでに市木地区でそば店、出羽地区でベーカリーがオープンし、町内外の人が訪れている。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月23日 無断転載禁止