島根3号機 厳格審査要請 溝口知事 規制庁に7項目

原子力規制庁の安井正也長官(右)に要望書を渡す溝口善兵衛知事=東京都港区、原子力規制庁
 島根県の溝口善兵衛知事が22日、原子力規制庁を訪れ、中国電力が新規稼働を目指して原子力規制委員会に申請した島根原発3号機(松江市鹿島町片句)の新規制基準適合性審査を厳格に行うよう要望した。

 規制庁の安井正也長官と面会した溝口知事は、最新の知見を踏まえた審査や審査結果の丁寧な説明など7項目を規制委に求め、「原発が存在し、活用する限り、安全への理解を十分確立してやってほしい」と訴えた。安井長官は「要請された項目は委員会としても志すところだ。順次取り組んでいく」と答えた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月23日 無断転載禁止