カーリングLS北見、地元で抱負 藤沢「もっと強くなりたい」

 記者会見したLS北見の(左から)吉田夕梨花、鈴木夕湖、吉田知那美、藤沢五月=23日、北海道北見市

 平昌冬季五輪カーリング女子で銅メダルに輝いたLS北見のメンバーが23日、2018~19年シーズンを控え本拠地の北海道北見市で記者会見し、スキップ藤沢は「もっともっと強くなりたいという気持ちを持っている」と意欲を示した。新設されたワールドカップ(W杯)に向けて「課題をしっかりクリアしたい」と9月第1戦へ抱負も語った。

 国内大会の出場を見送っていた間、メンバーは語学や海外旅行に時間を使ったという。吉田知は「昨シーズンにやり残したことも自覚している。挑戦する気持ちで今季を頑張りたい」と意気込んだ。

 選手として当面休養する本橋が主将を退任することも発表された。

共同通信社 2018年8月23日 無断転載禁止