仏英航空がイラン便休止へ 米制裁再開で収益見込めず

 【パリ共同】フランスの航空大手エールフランスと英国の同ブリティッシュ・エアウェイズは23日、イラン便を9月下旬から休止すると明らかにした。トランプ米政権のイラン制裁再開により、欧州企業大手が相次いでイラン関連事業からの撤退・縮小の方針を示す中、十分な収益が見込めないと判断した。

 エールフランスは現在、子会社がパリとテヘランを結ぶ便を運航。9月18日から休止する。ブリティッシュ・エアウェイズは、ロンドン発テヘラン行きは同22日、テヘラン発ロンドン行きは同23日を最後に休止する。声明で「運航は商業的に立ちゆかない」とした。

共同通信社 2018年8月24日 無断転載禁止