処分のコーチ、地位保全求める リオ五輪体操代表への暴力で

 日本体操協会は24日、2016年リオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江選手への暴力行為で処分を受けた速見佑斗コーチから東京地裁に指導者の地位保全を求める仮処分の申し立てがあったと発表した。23日に通知を受けた。

 協会は31日に地裁に説明を行い、9月3日にはスポーツ庁、日本オリンピック委員会(JOC)、日本スポーツ協会に改めて状況を報告する。

 協会が公表した問題の経緯によると、7月11日に速見コーチのハラスメントに関する通報があり、同30日に弁護士同席でコーチ本人に聞き取り調査をした。その際には、パワハラの事実を認め、本人も反省していたとしている。

共同通信社 2018年8月24日 無断転載禁止