池江が女子50自で決勝へ 競泳・24日

 女子50メートル自由形予選 レースを終え笑顔で手を振る池江璃花子(左)と山本茉由佳=ジャカルタ(共同)

 競泳の予選が行われ、女子は50メートル自由形で、日本選手の1大会最多となる六つ目の金メダルに挑む池江璃花子(ルネサンス)が25秒09の全体1位、山本茉由佳(ルネサンス)が4位で夜の決勝へ進んだ。

 200メートル個人メドレーは400メートルとの2種目制覇を目指す大橋悠依(イトマン東進)と寺村美穂(セントラルスポーツ)が順当に決勝進出。400メートル自由形は五十嵐千尋(T&G)と小堀倭加(神奈川・湘南工大付高)が突破した。

 男子は400メートルメドレーリレーの日本が3分36秒95の全体1位となった。

共同通信社 2018年8月24日 無断転載禁止