ア大会、競泳池江が最多「金」6 小関、平泳ぎ3冠

 ジャカルタ・アジア大会の競泳女子50メートル自由形で優勝し、ガッツポーズする池江璃花子。日本選手の1大会最多金メダル数を更新する6冠を達成した=24日、ジャカルタ(共同) 台湾に勝利し優勝を決め喜ぶ日本チーム=ジャカルタ(共同)

 ジャカルタ・アジア大会第7日(24日)競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)が50メートル自由形で優勝して6個目の金メダルを手にし、日本選手の1大会の最多獲得記録を更新した。アジア女子としても最多となった。

 男子50メートル平泳ぎで小関也朱篤(ミキハウス)が勝ち、平泳ぎ3冠に輝いた。同400メートルメドレーリレーの日本は中国に競り負けた。女子200メートル個人メドレーの大橋悠依(イトマン東進)は2位で、400メートルとの2種目制覇を逃した。

 ソフトボール決勝で日本は台湾に7―0の五回コールドゲームで快勝し、5大会連続優勝を果たした。

共同通信社 2018年8月24日 無断転載禁止