アジアパラ、日本最多305選手 主将は鈴木、旗手に前川

 日本パラリンピック委員会は24日、10月にジャカルタで開催される障害者スポーツの総合大会、アジアパラ大会の日本代表選手団を発表し、男子182人、女子123人の過去最多となる305選手を派遣することになった。

 主将は競泳の鈴木孝幸(ゴールドウイン)、旗手は陸上の前川楓(チームKAITEKI)が務め、前回の2014年仁川大会で獲得した143個以上のメダルを目指す。

 日本はチェスを除く17競技にエントリーし、シングルスで優勝すれば東京パラリンピックの出場資格を得られる車いすテニスには男子の国枝慎吾(ユニクロ)、女子の上地結衣(エイベックス)らが名を連ねた。

共同通信社 2018年8月24日 無断転載禁止