吉田、吉岡組が首位発進 セーリング・24日

 女子470級 スタートを待つ吉田(左)、吉岡組=ジャカルタ(共同)

 セーリング競技が始まり、470級は第2レースまでを終え、女子で世界選手権優勝の吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)が首位発進した。男子の磯崎哲也(エス・ビー・ネットワーク)、高柳彬(日本経大)組は2位につけた。

 女子レーザーラジアル級の土居愛実(アビーム)は第2レース終了時でトップ。(共同)

共同通信社 2018年8月25日 無断転載禁止