米、27日に対ロ制裁発動 英での神経剤襲撃巡り

 【ワシントン共同】米政府は24日、英南部で今年3月に元ロシア情報機関員らが神経剤「ノビチョク」で襲撃された事件を巡り、新たな対ロ制裁を27日に発動すると発表した。ボルトン米大統領補佐官は「ロシアが行動を改めるまで一連の制裁を維持する」と表明。ロシア側は強く反発しており、米ロ関係の悪化は避けられない様相だ。

 トランプ政権は8日、神経剤襲撃事件にロシア政府が関与したと断定し、国家安全保障に関わる製品・技術の対ロ輸出を月内にほぼ全面的に停止すると発表していた。ロシアからの報道によると、ロシア外務省は「2国間の緊張を高めるだけだ」と新制裁を批判した。

共同通信社 2018年8月25日 無断転載禁止