井上が日本勢32年ぶり金 男子マラソン・25日

 男子マラソン ゴール直前でエルハサン・エルアバシ(左)に競り勝ち、優勝した井上大仁=ジャカルタ(共同) 男子マラソン レース中盤、頭に水を掛けながら力走する園田隼=ジャカルタ(共同)

 男子マラソンは井上大仁(MHPS)が2時間18分22秒で優勝した。この種目の日本勢の金メダルは1986年ソウル大会の中山竹通以来。園田隼(黒崎播磨)は多布傑(中国)との3位争いに敗れ、2時間19分4秒で4位だった。

 スローペースのレースは中盤すぎから園田が先頭集団を引っ張った。井上は37キロすぎでエルハサン・エルアバシ(バーレーン)と抜けだし、ゴール寸前で振り切った。(共同)

共同通信社 2018年8月25日 無断転載禁止