桐生、多田らとジャカルタへ出発 「カーブに不安ない」

 出国を前に意気込みを語る陸上男子400メートルリレーメンバーの桐生祥秀=25日午前、成田空港

 陸上男子400メートルリレーメンバーの桐生祥秀(日本生命)、多田修平(関学大)らが25日、成田空港からジャカルタに出発した。搭乗前に取材に応じた桐生は「しっかりバトンをつないで金を目指す。トップでアンカーにもっていく、ということが自分の課題。3走としてカーブに不安はない」と自信をのぞかせた。

 日本は、1998年バンコク大会以来の優勝を狙う。多田は「調子は上がっている。大学での2走経験を生かし、リラックスした走りを大切にしたい」と意気込んだ。

 男子の棒高跳びの山本聖途(トヨタ自動車)、20キロ競歩の高橋英輝(富士通)らも出発した。

共同通信社 2018年8月25日 無断転載禁止