柔道、松本薫は決勝で敗退 全日本実業個人第1日

 女子57キロ級決勝で敗れ、悔しがる松本薫=兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館

 柔道の全日本実業個人選手権第1日は25日、兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館で行われ、2012年ロンドン五輪金メダリストで、昨年、第1子の長女を出産した松本薫(ベネシード)が女子57キロ級の決勝で、金子瑛美(自衛隊)に技ありを奪われて敗れた。松本は3位だった16年リオデジャネイロ五輪以来の個人戦。

 08年北京、リオ五輪で3位、世界選手権3度優勝の実績を誇る中村美里(三井住友海上)は、女子52キロ級の2回戦で敗退した。

共同通信社 2018年8月25日 無断転載禁止