ベトナム集団強制送還で親子分断 2月に在日の12家族

 これまでのチャーター機による集団強制送還

 法務省入国管理局が今年2月、入管難民法に違反する非正規滞在のベトナム人47人をチャーター機で集団強制送還した際、妻や夫、子どもを日本に残し、12家族が離れ離れになったことが法務省の資料や共同通信の取材で25日判明した。日本に残された家族が難民で、祖国では迫害を受ける恐れがあったり、子どもが日本語しか話せなかったりすると帰国して家族が一緒に暮らすのは困難だ。

 米トランプ政権は不法移民の強制送還や移民親子の別施設収容で多数の家族を分断、米内外で批判が高まるが、日本政府も同種の措置をとっている形。

 外国人支援団体は「人道的配慮に欠ける。」と批判している。

共同通信社 2018年8月25日 無断転載禁止