野球、高校日本代表が初練習 アジア選手権へ、大阪桐蔭勢ら

 U18高校日本代表の初練習後、記念撮影する(左から)根尾昂選手、吉田輝星投手、藤原恭大選手=25日午後、東京都内

 野球の18歳以下によるU18アジア選手権(9月3日開幕・宮崎)に出場する高校日本代表が25日、東京都内のグラウンドで初練習し、史上初の2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭の藤原恭大選手や根尾昂選手、準優勝した金足農(秋田)の吉田輝星投手らが汗を流した。主将は大阪桐蔭の中川卓也選手が務める。

 夏の全国高校野球選手権大会で全6試合に先発し、計881球を投じた吉田投手は疲労を考慮して軽めの調整。ボールは投げずにストレッチなどで体をほぐした。吉田投手は「疲れを取ることを優先した」と話し、永田裕治監督は「東京にいる間はゆっくりさせようと思っている」と説明した。

共同通信社 2018年8月25日 無断転載禁止