続く足踏み やりきれぬ 拉致被害者を救出する島根県民大会

拉致問題の早期解決を訴える石川景子さん(右)=松江市大庭町、立正大淞南高校
 「北朝鮮による拉致被害者を救出する島根県民大会」が25日、松江市内であった。北朝鮮に拉致された疑いが排除できない県内の特定失踪者の家族らが悲痛な思いを訴え、集まった約100人が早期解決に向けて決意を新たにした。

 1973年に益田市内で行方不明となった益田ひろみさん=失踪当時(20)=の姉石川景子さん(69)=津和野町中曽野=は「救出するにはどうすればいいのか分からない。誰か教えてほしい」と、足踏みが続く現状にやりきれない胸の内を明かした。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月26日 無断転載禁止