マケイン米上院議員が死去 共和党重鎮、大統領に苦言

 2008年8月、遊説で娘を紹介するマケイン上院議員(右)=ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】米共和党の重鎮ジョン・マケイン上院議員が25日、死去した。81歳だった。脳腫瘍で闘病を続けていた。トランプ大統領の政策や政治姿勢を厳しく批判し、闘病中もロシアへの融和姿勢に苦言を呈するなど意見を表明した。トランプ氏の歯止め役がいなくなることを憂慮する声が出そうだ。

 2008年の大統領選に共和党候補として出馬、民主党のオバマ氏に敗れた。外交・安全保障政策に精通し、日米同盟の強化を米政界で主導。18年4月に旭日大綬章を受章した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設に批判的な立場を取ったこともあった。

共同通信社 2018年8月26日 無断転載禁止