金足農の吉田投手「優勝目指す」 U18アジア選手権へ抱負

 野球のU18アジア選手権に出場する高校日本代表の記者会見で、質問に答える吉田輝星投手=26日、東京都内

 野球の18歳以下によるU18アジア選手権(9月3日開幕・宮崎)に出場する高校日本代表が26日、東京都内で記者会見し、夏の甲子園大会で準優勝した金足農(秋田)の吉田輝星投手は「全員でコミュニケーションを取りながら、優勝を目指して頑張りたい」と抱負を語った。

 甲子園大会の6試合で計881球を投じた右投手は、疲労回復を最優先させている。日の丸のユニホームを身にまとい「自覚と責任を持ってやりたい」と話した。

 主将を務める大阪桐蔭の中川卓也選手は「国を代表して戦う重みを、力に変えてやっていく」と意気込みを述べた。

共同通信社 2018年8月26日 無断転載禁止