笑顔甲子園、兵庫のコンビが優勝 愛媛・新居浜、被災者を招待

 「笑顔甲子園」でグランプリを獲得した岡島晃佑さん(左)と岸翔大さん=26日午後、愛媛県新居浜市

 高校生が漫才やコント、落語などでお笑い日本一を競う第8回「笑顔甲子園」の決勝が愛媛県新居浜市で26日開かれ、コンビで漫才を披露した兵庫県立加古川南高3年の岸翔大さん(18)と、同県姫路市の鹿島朝日高校連携施設正化学園高等部姫路校3年の岡島晃佑さん(17)=コンビ名アンドロイド=がグランプリを獲得した。

 準グランプリは、落語を披露した東京都杉並区の中央大学杉並高3年の坂本誓さん(19)=芸名杉遊亭ちがう。

 西日本豪雨で11人が犠牲になった愛媛県宇和島市吉田町地区の、小中学生や保護者ら24人が招待された。

共同通信社 2018年8月26日 無断転載禁止