キッズランで誘導ミス 北海道マラソンのイベント

 約2万人が参加し札幌市内で26日に行われた北海道マラソンで、フルマラソン後にスタートした「チャレンジ・キッズラン」のイベントに参加した小学5、6年生約150人が運営の不手際で、当初の2・195キロよりも長い距離を走っていたことが分かった。中には3倍近く走った子どももおり、大会事務局は参加者や保護者らに謝罪し、体調不良の有無などを問い合わせた。

 事務局によると、折り返し地点に誘導する役員がおらず、表示もなかったため、子どもたちはそのまま直進。目の前を走る別のイベント参加者と紛れたため、対処に時間がかかったという。

共同通信社 2018年8月26日 無断転載禁止