ア大会、南北合同チームが初の金 カヌー女子で

 カヌー・スプリント女子のトラディショナルボート500メートルで金メダルを獲得し、記念撮影する南北合同チーム「コリア」=パレンバン(共同)

 【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会第9日の26日、カヌー・スプリントの女子トラディショナルボート500メートルで、韓国と北朝鮮の南北合同チーム「コリア」が国際総合大会で初の金メダルを獲得した。25日の200メートルは3位で、初のメダルを取っていた。

 予選と準決勝を1位で通過。決勝でも中国の追い上げをしのぎ、逃げ切った。韓国の李イェリン選手は「短期間ながら厳しい練習を重ねた結果だ」と喜びをかみしめた。

 表彰式では双方の国歌ではなく、朝鮮半島の民謡「アリラン」が流された。北朝鮮のト・ミョンスク選手は「一つの民族としての力を発揮できた」と感慨に浸った。

共同通信社 2018年8月26日 無断転載禁止