テニス、錦織や西岡らが最終調整 全米オープン開幕へ

 全米オープンの会場で調整する錦織圭=ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープンに出場する男子の錦織圭(日清食品)や西岡良仁(ミキハウス)、ダニエル太郎(エイブル)ら日本勢が26日、ニューヨークの大会会場で開幕(27日=日本時間28日未明)前最後の調整を行った。

 シングルスで5度優勝を誇る第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)と1回戦で対戦する西岡は「自分の名前を広げていくチャンス。世界の人に見られるのがうれしい」と、対戦を心待ちにしていた。

 直前のツアー大会で4強入りと好調のダニエルはサーブを中心に調整。「自分からポイントを取ることができ、少しずつ力がついていると思う」と自信を示した。

共同通信社 2018年8月27日 無断転載禁止