混合リカーブの日本が金 アーチェリー・27日

 混合リカーブ決勝 北朝鮮戦で狙いを定める古川高晴=ジャカルタ(共同) 女子リカーブ団体3位決定戦 中国戦で狙いを定める加藤綾乃=ジャカルタ(共同)

 アーチェリー初採用の混合リカーブで、古川高晴(近大職)と杉本智美(ミキハウス)が組んだ日本はカン・ウンジュとパク・ヨンウォンの北朝鮮に6―0で快勝し、金メダルに輝いた。

 女子リカーブ団体3位決定戦で、加藤、川中、杉本(以上ミキハウス)で臨んだ日本は前回準優勝の中国を6―2で破り、2大会連続の銅メダルを獲得した。(共同)

共同通信社 2018年8月27日 無断転載禁止