サッカー女子が日韓戦 アジア大会第11日見どころ

 サッカー女子で4大会連続の決勝進出を狙う日本が準決勝で韓国と対戦する。4月の女子アジア・カップでは0―0で引き分けた。今大会2得点のエース岩渕真奈(INAC神戸)らの活躍に期待がかかる。

 陸上は男子200メートルに飯塚翔太(ミズノ)らが登場。東京五輪で新採用される混合1600メートルリレーが初めて行われる。

 アーティスティックスイミングのデュエットでは、テクニカルルーティンで2位につけた乾友紀子(井村ク)吉田萌(ザ・クラブピア88)組がフリールーティンに臨む。(共同)

共同通信社 2018年8月27日 無断転載禁止