酸化ストレスで筋ジス進行 京大、iPS細胞使い解明

 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー患者のiPS細胞から作った骨格筋細胞(京都大iPS細胞研究所提供)

 顔や肩などを中心に筋肉が徐々に衰える難病「顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー」の原因遺伝子は、酸化ストレスにより活発に働くようになることが、患者から作製した人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた研究で分かったと、京都大の桜井英俊准教授(再生医学)らのチームが27日、発表した。

 酸化ストレスは、過剰な運動や筋損傷、炎症により生じた活性酸素が細胞を傷つける。この反応が病状進行を早めることに関与しているとみており、病気のメカニズム解明や治療薬開発に生かしたいとしている。

共同通信社 2018年8月27日 無断転載禁止