地域の潜在力伸ばす 石破氏 総裁選向け公約

総裁選に向けた公約を発表する石破茂氏=東京・永田町、国会
 自民党の石破茂元幹事長(衆院鳥取1区)が27日、総裁選に掲げる公約を発表した。経済政策の司令塔となる「日本創生会議」設立などによる地方創生と社会保障制度の再構築で消費喚起を目指す「石破ビジョン」を打ち出した。安倍政権で相次いだ不祥事を踏まえて年内に実行に移すと発表した「政治・行政の信頼回復100日プラン」は、官邸スタッフとの面会に関するルールを定め、面会記録の保管を義務化する考えを明らかにした。

 石破氏は「中小企業や地方経済の潜在力を可能な限り伸ばす」と述べ、現行の経済財政諮問会議を日本創生会議に改組し、経済政策の司令塔機能を高めると強調。地域経済活性化支援機構も「地方創生推進機構」に改組し、地域の実情に応じて事業継承など幅広い課題を伴走型で支援する考えを示した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年8月28日 無断転載禁止