墜落ヘリからビデオ3台 安全委回収、映像と音声残る

 山中で発見された群馬県の防災ヘリコプター「はるな」の残骸

 群馬県の防災ヘリコプター墜落事故で、運輸安全委員会は28日、乗っていた消防隊員らが機内に持ち込んでいたビデオカメラ3台を回収したと明らかにした。いずれも映像と音声が残っているという。記者会見で中橋和博委員長は「(原因究明に関し)かなり有効な内容になりそうだ」との見解を示した上で「解析中のため、内容は控えたい」と述べた。

 安全委によると、3台のうち2台は搭乗者のヘルメットに装着するウエアラブルタイプで、1台はハンディタイプ。機内と外の様子が写っており、分析を進めている。

共同通信社 2018年8月28日 無断転載禁止