ボクシング拳四朗、V4戦へ 10月に元IBF王者メリンドと

 記者会見後、ポーズをとるWBCライトフライ級王者の拳四朗=28日、東京都内

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者の拳四朗(BMB)が28日、東京都内で記者会見し、10月7日に横浜アリーナで元国際ボクシング連盟(IBF)王者のミラン・メリンド(フィリピン)と4度目の防衛戦を行うと発表した。26歳の拳四朗は13戦全勝(7KO)で、前回の防衛戦もKO勝ちと勢いに乗っており「また圧勝できるように頑張りたい」と意欲を語った。

 30歳のメリンドは40戦37勝(13KO)3敗。同級では昨年5月にIBF王座統一戦で八重樫東(大橋)に1回TKO勝ち、同12月には世界ボクシング協会(WBA)王者の田口良一(ワタナベ)に判定で敗れている。

共同通信社 2018年8月28日 無断転載禁止