倉科カナ「次はバージンロード」 ウエディングドレス発表会に出演

 撮影に応じる倉科カナ=28日、東京都内

 女優の倉科カナが東京都内で、ディズニー作品をイメージしたウエディングドレスコレクションの発表会に登場。物語からそのまま飛び出してきたようなドレスをまとってランウエーを歩き、「(次は)バージンロードを歩きたい」と結婚への期待を膨らませていた。

 発表会の冒頭、ディズニーキャラクターの妖精をイメージした淡いグリーンのドレス「ティンカー・ベル」で現れた倉科。少し上気した顔でゆったりとランウエーを進み、ポーズを決めた。

 2着目は「塔の上のラプンツェル」の主人公が着たドレスから着想を得て、ラベンダー色の花をあしらったドレス。同作の名シーンをイメージし、会場のスクリーンに無数のランタンが映し出される中、物語に入り込んだようなうっとりとした表情を見せた。

 発表会後、倉科は「子どもの頃から憧れのウエディングドレスを着た上に、ディズニーの世界観を背負ってランウエーを歩くとは思ってもみなかった。夢のような時間」と興奮冷めやらぬ様子。

 人気俳優との交際も報じられる中、「結婚願望も上がった。(プロポーズは)寝起きやコーヒーを飲んでいる時とか、日常の中で『結婚しようよ』と言われるとうれしいと思う」と笑顔だった。

共同通信社 2018年8月28日 無断転載禁止