高山、110メートル障害で銅 陸上・28日

 男子110メートル障害決勝 力走する3位に入った高山峻野=ジャカルタ(共同)

 男子110メートル障害決勝で高山峻野が13秒48で銅メダルを獲得した。金井大旺は7位だった。同200メートル準決勝で小池祐貴は20秒35の2組1着、飯塚翔太は20秒64の1組2着で決勝に進んだ。予選は小池が3組2着、飯塚は2組2着で突破。

 女子5000メートルは鍋島莉奈が15分40秒37で4位に入り、山ノ内みなみは6位。同やり投げでは斉藤真理菜が56メートル46で4位、宮下梨沙は9位だった。

 800メートル決勝で女子の北村夢は2分3秒88で4位、塩見綾乃は5位だった。男子の川元奨は7位。

 混合1600メートルリレーの日本は3分21秒90で5位。(共同)

共同通信社 2018年8月28日 無断転載禁止