体操協会「暴力許容しない」 宮川選手のコーチ処分で見解

 2016年リオデジャネイロ五輪体操女子代表の宮川紗江選手が練習中に暴力を受けたもののパワハラではないとの認識を示し、速見佑斗コーチの無期限登録抹消の処分に疑義を示した問題で、日本体操協会は29日、「指導者による暴力行為を認定したときは被害者が暴力を許容しても、協会は許容することはない」との見解を発表した。宮川選手は同日午後に記者会見し、協会も同日夜に会見を開く。

 体操協会は文書で「13年以来、一貫して暴力撲滅に取り組んでおり、指導者の暴力行為に厳しい態度で臨む」と強調。「練習場などには他の指導者や選手がおり、暴力行為の悪影響を看過できない」と訴えた。

共同通信社 2018年8月29日 無断転載禁止