角田が金、3階級で銀 柔道・29日

 女子52キロ級で優勝し、表彰式で金メダルを掲げる角田夏実(左から2人目)=ジャカルタ(共同) 女子48キロ級 準決勝 カザフスタン選手(左)を攻める近藤亜美=ジャカルタ(共同)

 柔道は男女各2階級が行われ、女子は52キロ級決勝で昨年世界選手権2位の角田夏実(了徳寺学園職)が朴多率(韓国)に一本勝ち、金メダルを獲得した。日本勢の同級は3大会連続の制覇。

 リオデジャネイロ五輪銅メダルの近藤亜美(三井住友海上)は48キロ級決勝でリオ五輪銀メダルの鄭普経(韓国)に延長で惜敗した。

 男子2人はともに決勝で敗れた。60キロ級で前回3位の志々目徹(了徳寺学園職)はリオ五輪銅メダルのウロズボエフ(ウズベキスタン)に延長で屈し、66キロ級の丸山城志郎(ミキハウス)は同五輪準優勝の安バウル(韓国)に一本負け。同級は5大会連続で頂点を逃した。(共同)

共同通信社 2018年8月29日 無断転載禁止