東京ドームの弁当に針金混入 193個販売

 東京ドームは29日、ドーム内の売店で28日に販売した弁当に長さ約2・5センチの針金が混入していたと発表した。購入した顧客1人から指摘を受けて発覚した。同種の弁当を193個販売したが、健康被害の報告はないとしている。

 混入があったのは「小林誠司の鮮やか!ビビンバ弁当」。東京ドームによると、針金は製造工場で使用している調理器具の金具止めで、混入の詳しい原因は調査中。この工場で製造している全5種類の弁当の販売は安全性が確認できるまで停止する。

 東京ドームは「多大な心配と迷惑を掛け、深くおわびする」としている。

共同通信社 2018年8月29日 無断転載禁止