各国パラリンピック代表が視察 新国立競技場周辺など

 2020年東京パラリンピックに向け、建設中の新国立競技場周辺を視察する各国・地域のNPC代表ら=29日午後、東京都渋谷区

 2020年東京パラリンピックに向け、日本を含め19の国・地域のパラリンピック委員会(NPC)代表らが29日、メインスタジアムとなる建設中の新国立競技場周辺を視察した。交通アクセスなどを確認し「ハード整備が非常に順調」と評価する声が上がった。

 視察は昨年に続き2度目。大会組織委員会から新国立競技場の建設状況について説明を受けたカナダの代表は「準備作業が1年間で大きく進んだと思う。ロンドンやリオデジャネイロに続き、素晴らしい大会になることを期待したい」と話した。

 欧州や米国、韓国のほかイラクやルワンダのNPC代表も参加した。

共同通信社 2018年8月29日 無断転載禁止