米大統領法律顧問が今秋退任へ 司法妨害捜査で聴取

 ホワイトハウスでの会合でトランプ米大統領の後方に座ったマクガーン大統領法律顧問(左奥)=6月21日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は29日、マクガーン大統領法律顧問(50)が、今秋に退任するとツイッターで発表した。退任時期は、連邦最高裁判事に指名されたカバノー氏の上院による人事承認後になる。マクガーン氏は今月、ロシア疑惑に絡むトランプ氏の司法妨害疑惑に関する捜査でモラー特別検察官側の長時間に及ぶ事情聴取に応じたと報じられていた。

 米紙ワシントン・ポスト電子版によると、退任について、トランプ氏の周辺では、政権高官のスキャンダルや、疑惑捜査へのトランプ氏の猛烈な怒りへの対応などに追われたことでマクガーン氏の不満が積み重なった結果とみられている。

共同通信社 2018年8月30日 無断転載禁止